スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年09月30日

睡眠不足の解消は週末にまとめてやってもいいの?

仕事が忙しい人やシフトで仕事をしている方は、休日に「まとめ寝」をする人も多いと思います。

ですが少し待ってください。



偏頭痛の原因は何も睡眠不足だけではありません。




過剰に睡眠を摂りすぎる事も、偏頭痛を起こす原因の一つです。

長時間眠りすぎた寝起きに頭がガンガンと痛む。

そんな経験をされた方もいらっしゃるはず。



また、よく言われるように「寝貯め」は実際は出来ません。

何故なら、1週間の中で睡眠時間にばらつきがあると、睡眠のリズムが崩れてしまうから。

睡眠の時間を短い時間しか取れないような生活環境にあるのでしたら、枕やベッドで工夫を考えてみたり、寝る直前に飲んだり食べたりしないように心がける事が大切。

そこを意識するだけでも、短時間で熟睡することが出来ます。


心地良い睡眠を得たいからアロマオイルを使用する。

最近はそのような方法もありますが、ご自身にあった方法で量より質の高いものを選ぶことが大切

快適な睡眠から偏頭痛を予防できるように意識を持っていくことが大事なんだと思います。


http://www.zutu-kaizen.com/  


Posted by まろん at 12:12Comments(0)頭痛

2010年09月29日

偏頭痛中に身体を動かすと楽になる?

偏頭痛を感じたときに身体を動かすと楽になるんでしょうか?


答えは「いいえ」です。



激しい頭痛の発作が起きているとじっとしていられません。

酷い場合には壁に頭を打ち付けてしまう方も居ます。

ですが、この様に身体を動かしても、当然頭痛は治らないです。



逆に、頭痛が起きた場合余り激しく身体を動かすのは注意が必要!

頭蓋内の疾患が原因の場合等の時は、脳を動かすと言う事が死亡に繋がったり、発作語に言語障害や身体麻痺など、後で重大な後遺症になる可能性が有ります!


頭痛を経験された方本人だけではなく、周りで通常ではない卒倒や頭痛の苦しみを訴える人と遭遇したとしても、安易に身体を動かさないようにしてください。


ただし。

発作が起こる前に身体を動かすことは、逆に頭痛の予防になります。


長期的にデスクワークする際には途中で一度休憩を挟み、軽いストレッチを定期的にするなど。

長時間同じ姿勢を保つと言うことをなるべく避け、精神的にもリフレッシュした状態を保てるようにしたいですよね。


http://www.zutu-kaizen.com/  


Posted by まろん at 13:26Comments(0)頭痛

2010年09月28日

頭痛のタイプ

日本では【頭痛】が【病気である】という認識が一般的に低いです。


何故かと言うと、「いつもの事だ」と我慢してやり過ごしてしまい、市販の薬で症状を抑えようとするから



実は頭痛を経験したことのない人の方が珍しく、日常生活に支障をきたすほど激しい頭痛に悩まされている人は、世界でも40%以上いるらしいです。


しかし、ちょっと待って。

【頭痛】ってれっきとした病気の場合もあるんです。
くも膜下出血や脳腫瘍といった頭蓋内疾患を原因とする頭痛では、悪性の場合死に至るほど極めて危険!


頭痛にも症状を引き起こす原因は幾つか種類があり、似ているけれども異なる症状を伴う場合には誤診されることもあるんだとか。

ですので、薬で抑えてれば治る~なんて考えるのは、頭痛の原因の見落としに繋がっているのかも?


痛みなど少しでも異変を感じるのは、身体に異常があるからなんです。

まずはご自身の病気が何であるかを正確に把握する!

それから、その病気に対して適切な治療を行う!

そうしなければ、治療を行ったとしても改善しているという感じは得られず、間違った治療法をずっと続ける事になってしまうかも知れません。



一言で【頭痛】と片付けてしまっていますが、まずは自分の頭痛がどのようなタイプであるかを正確に把握してみましょう。
http://drugeffect.bufsiz.jp/medicine/check.html  


Posted by まろん at 16:08Comments(0)頭痛

2010年09月27日

頭痛の改善法3

頭痛が起こったときはとにかく安静にします。
痛みの程度はその時々により異なると思いますが、頭痛のあるときはできるだけ安静にするように心がけたいです。

特に、横になった耐性から起き上がる時はかなり痛みますので、起き上がる時の動作もなるべくゆっくりと動くようにした方が良いかもしれません。


また、頭痛があるときはいつも以上にストレスとなるようなことは避けるようにした方が良いです。
肉体的にも、精神的にも自分がリラックス出来る状態!
それを常に心がけることで、頭痛が少しでも感じられなくなると思います。  


Posted by まろん at 16:08Comments(0)頭痛

2010年09月24日

頭痛の改善法2

偏頭痛の場合、血管が拡張することで痛みを感じるので、血管の収縮作用をもたらすものが頭痛改善に効果があります。
その中の一つがカフェイン。
コーヒーや緑茶に含まれているアレです。

頭痛薬を飲んだときほどの効果は得られませんが、少しずつカフェインの入った物を飲む事により、痛みの程度が軽減されるはず。
でも、カフェインは飲みすぎは注意です!
カフェイン中毒になる可能性もあるので、適度に摂取することが大事です!


また、食事の際は血管を拡張させる作用のあるたべものはなるべく摂取しないこと。
例えば唐辛子。
唐辛子は食べた後体がポカポカしてきますよね?
そういう風に体温を上げる効果のあるものは血管をの拡張作用があるので、偏頭痛の時にはなるべく避けるようにした方が良いです。
対策 改善 治療法 薬 カフェイン 血管 病院 医療 頭痛 偏頭痛 慢性頭痛 筋肉 眼精疲労  


Posted by まろん at 15:42Comments(0)頭痛

2010年09月22日

頭痛の改善法1

【頭痛薬を使用する場合】

思案の頭痛薬は基本的に、痛みを鎮めるための鎮痛剤です。
偏頭痛と緊張型頭痛のどちらのタイプにも、痛みを鎮めるという効果は期待出来るかと思います。


ですが、あくまでもそれは「一時的に痛みを鎮めるためのもの」でしかありません!


頭痛薬を常用すると薬に対する耐性が出来てしまい、効果が得られているという実感が段々薄くなってしまうことが考えられます。
結果、服用回数、服用量が増加し、それにより予想もしていなかった副作用を発症してしまう可能性が考えられるからです。


例えば、胃が弱い方が頭痛薬を使用されると、頭痛を治す為に服用した頭痛薬によって胃が荒れてしまう事も。
出来るだけ薬を使用しない方法で頭痛を改善して行ければ一番良いですよね。


ただ、どうしても急いで頭痛を止めなければならない。死ぬほど痛くて仕方がないが病院に行くことが出来ない等の理由などがあれば、一時的に薬を使って痛みを鎮静化させるのも一つの方法だとは思います。
薬を使用して頭痛を改善することは余りお勧め出来ませんが、万が一の場合はそれに頼らなければならない場合もあるとは思います。


頭痛薬の副作用について纏めているサイトのリンクを張っておきます。
宜しければ参考程度にどうぞ。


頭痛薬の落とし穴
http://drugeffect.bufsiz.jp/medicine/  


Posted by まろん at 12:18Comments(0)頭痛

2010年09月21日

頭痛の症状

慢性頭痛には偏頭痛と緊張型頭痛、あるいはその2つのタイプが混ぜ合わさった混合型の頭痛があります。

私は典型的な偏頭痛タイプです。
朝起きた時やお風呂上りなどの血管が拡張した時に脈拍に合わせるようにズキンズキンと痛みます。

私の場合、頭痛になる時はだいたい予兆があります。
うまく説明できませんが、何となく頭部にふんわりとした違和感を感じます。
その予兆のままで、頭痛に発展する時としない時があります。
そのまま頭痛に発展した場合、まず痛みの程度ですが、その時々によって違いはあるものの、やはりいったん頭痛を起こすと頭が痛くて何も手がつけられなくなります。

若干ですが、胃もたれもひどくなります。
そして頭痛になるとその痛みがひくまでには丸1日、あるいは2日くらいかかります。
丸一日かけて痛みがひいてきても、朝起きたらまた頭痛がぶり返していたということも頻繁に起きます。  


Posted by まろん at 16:54Comments(0)頭痛