2010年09月22日

頭痛の改善法1

【頭痛薬を使用する場合】

思案の頭痛薬は基本的に、痛みを鎮めるための鎮痛剤です。
偏頭痛と緊張型頭痛のどちらのタイプにも、痛みを鎮めるという効果は期待出来るかと思います。


ですが、あくまでもそれは「一時的に痛みを鎮めるためのもの」でしかありません!


頭痛薬を常用すると薬に対する耐性が出来てしまい、効果が得られているという実感が段々薄くなってしまうことが考えられます。
結果、服用回数、服用量が増加し、それにより予想もしていなかった副作用を発症してしまう可能性が考えられるからです。


例えば、胃が弱い方が頭痛薬を使用されると、頭痛を治す為に服用した頭痛薬によって胃が荒れてしまう事も。
出来るだけ薬を使用しない方法で頭痛を改善して行ければ一番良いですよね。


ただ、どうしても急いで頭痛を止めなければならない。死ぬほど痛くて仕方がないが病院に行くことが出来ない等の理由などがあれば、一時的に薬を使って痛みを鎮静化させるのも一つの方法だとは思います。
薬を使用して頭痛を改善することは余りお勧め出来ませんが、万が一の場合はそれに頼らなければならない場合もあるとは思います。


頭痛薬の副作用について纏めているサイトのリンクを張っておきます。
宜しければ参考程度にどうぞ。


頭痛薬の落とし穴
http://drugeffect.bufsiz.jp/medicine/


同じカテゴリー(頭痛)の記事
 偏頭痛の予防2 (2010-10-05 20:40)
 偏頭痛の予防 (2010-10-04 14:29)
 日差しと帽子と頭痛と (2010-10-01 13:27)
 睡眠不足の解消は週末にまとめてやってもいいの? (2010-09-30 12:12)
 偏頭痛中に身体を動かすと楽になる? (2010-09-29 13:26)
 頭痛のタイプ (2010-09-28 16:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
頭痛の改善法1
    コメント(0)