2010年10月01日

日差しと帽子と頭痛と

過剰な光は偏頭痛を誘発しますが、日差し対策に帽子がいいかというと実はそうでもありません。

何故かというと、片頭痛は血管の拡張によって起こるから。

片頭痛が起こった場合、血管の拡張を抑えて上げれば楽になります。


ただし!

強い日差しなどの環境の急激な変化を含むストレスによる緊張型頭痛の場合、きつすぎる帽子を被ると別の頭痛が発生することも。

「水泳メガネ頭痛」という頭痛をご存じですか?。


この頭痛は何かというと、一定時間以上ゴムのキツイ水泳メガネやスキーゴーグル、女性だとヘアバンドなどをはめた状態を続けていると頭痛を感じたという経験はありませんか?

それが水泳メガネ頭痛というものです。



脳血流の量の低下はありえませんが、キツイ帽子で頭部を圧迫するのは頭痛改善どころか逆効果に。

帽子のサイズはきちんとご自分にあったサイズを選ぶこと。

また、日差しを避けるには、サングラスを利用するのも選択肢の一つにはあります。

http://www.zutu-kaizen.com/



同じカテゴリー(頭痛)の記事
 偏頭痛の予防2 (2010-10-05 20:40)
 偏頭痛の予防 (2010-10-04 14:29)
 睡眠不足の解消は週末にまとめてやってもいいの? (2010-09-30 12:12)
 偏頭痛中に身体を動かすと楽になる? (2010-09-29 13:26)
 頭痛のタイプ (2010-09-28 16:08)
 頭痛の改善法3 (2010-09-27 16:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日差しと帽子と頭痛と
    コメント(0)